ヤンデレやサイコパスのヒロインが登場する小説、SS、漫画、アニメ、ゲーム、音声等の作品をまとめたwikiです



ハーモニー

タイトルハーモニー
作者伊藤計劃
出版社早川書房
種類ヤンデレ・サイコパス
あらすじ
21世紀後半、<大災禍>と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築き上げていた。
医療分子の発達で病気がほぼ駆逐され、見せかけの優しさや倫理が溢れるユートピア。
そんな世界にうんざりした三人の少女は餓死を選択する。
それから十三年後、死ねなかった少女トァンは世界を襲う大混乱の陰に、死んだはずの少女の影を見る。

概要
第四十回星雲賞を受賞した国内屈指の本格SF。
同作者の遺作「虐殺器官」の続編であるが、前作を読んでいる必要はない。
主人公の少女に強く執着しながら敵対する少女が描かれる。
映画化、コミカライズもされている。

NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語

タイトルNOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語
作者cutlass、たぬきまくら
出版社講談社
種類複数のヤンデレ
あらすじ
アニメ好きの高校生・鹿倉時雨は妹の憂姫、幼なじみの千代田こよみと共に賑やかで楽しい学生生活を送っていた。
そんな時雨の平穏な日常は、夕暮れの校舎の屋上での“死人の言葉を聞くことができる”少女との出会いを境に、予測不可能な惨劇へと変貌していく…。

概要
ネット上でフリーゲームとして公開されていたノベルゲームを原作とした小説。
複数のヤンデレヒロインが登場する。


君は死ねない灰かぶりの魔女

タイトル君は死ねない灰かぶりの魔女
作者ハイヌミ
出版社KADOKAWA
種類ヤンデレ、サイコパス
あらすじ
苛烈な呪いを受けた13人の魔女。
主人公は呪いを受けない体質で、孤独な魔女たちが奪い合いを始める。

概要
複数のヤンデレ・サイコパスが登場する。



名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人

タイトル名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人
作者黒木 京也
出版社宝島者
種類ヤンデレ
あらすじ
ある日、主人公は巨大な蜘蛛に遭遇する。
その後、部屋の至るところに蜘蛛の巣が作られるようになり・・・。

概要
人外の異形に執着され、魅了されていく話。
暫くは言葉が話せずにコミュニケーションが取れない。
漫画版がある。


願わくばこの手に幸福を

タイトル願わくばこの手に幸福を
作者ショーン田中
出版社TOブックス
種類複数のヤンデレ
あらすじ
――ああ、かつてに戻るくらいなら、死んだ方がよほどましだ。
冒険者ルーギスが過ごす日々は負け犬そのもの。仲間であるはずのパーティーメンバーから虐げられ、夢見た英雄や勇者への道は程遠い。

そんな彼が謎の影に誘われ突如、自分の過去へ転移させられる。
その機会はたった一度と告げられて。

彼は渇望する――。
今度こそ、この掌に尊厳と誇り、愛する者をと。

だが、運命の神はそれを許さない。大型魔獣との闘い、貴族邸への襲撃、勇者と共に挑むクエスト──思惑とは異なりルーギスは人助けに巻き込まれていく。何時しか念願とは真逆に元仲間の少女達から、歪んだ執着と愛情を向けられていくのだった。

昏く、熱き焔を宿らせて雪辱を果たす、一発逆転リプレイ・ファンタジー!

概要
「小説家になろう」から書籍化されたファンタジー小説。
宗教戦争をテーマにしており、束縛型や依存型、管理型、排除型など複数のヤンデレが登場する。

怪談彼女〜てけてけ〜

タイトル怪談彼女〜てけてけ〜
作者永遠月 心悟
出版社集英社
種類ヤンデレ
あらすじ
中学生・黒川夢乃は俺-斎藤槍牙-の幼なじみであり同級生だ。
制服を無視してゴスロリ服を着、腕には入れ墨、毎日毎日俺にまとわりつく最悪の公害ストーカー女…。
そんな夢乃と俺の前に、〈てけてけ〉が現れて、世界は一変した…!!

概要
ジャンプ小説新人賞フリー部門金賞受賞作。
ゴスロリ系のヤンデレヒロインとともに怪談に立ち向かっていく小説。
ヤンデレ度はそれほど高くない。

沙耶の唄

タイトル沙耶の唄
作者大槻 涼樹、虚淵玄、Nitroplus
出版社講談社
種類共依存
あらすじ
「なぜ―僕なんだ?」
「それはね、あなたがひとりぼっちだから」
不幸な交通事故により家族を失った青年・匂坂郁紀。奇跡的に一命を取り止めた彼には、目に映るものすべてが形を変え、醜く歪んでしまう不思議な後遺症だけが残った――
そんな郁紀の世界に突然現れたのは、うつくしい少女。「沙耶」と名乗る彼女の存在は、郁紀の汚穢に塗れた日常を美しい色に染めていく。彼にとって、それはただ一筋の光だった……。

概要
エロゲーが原作。
15周年記念としてノベライズされた。
グロテスクな表現が多く、主人公とヒロインが共依存状態となる。


すべてがFになる

タイトルすべてがFになる
作者森 博嗣
出版社講談社
種類ヤンデレ・サイコパス
あらすじ
密室から飛び出した死体。究極の謎解きミステリィ。
コンピュータに残されたメッセージに挑む犀川助教授とお嬢様学生・萌絵。

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季(まがたしき)。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平(さいかわそうへい)と女子学生・西之園萌絵(にしのそのもえ)が、この不可思議な密室殺人に挑む。

概要
1996年のミステリィ小説であるが、現代のコンピューターサイエンスを予言した内容となっており殆ど現代設定に近く古臭さはない。
普遍的な倫理観や恋愛観から逸脱したヤンデレともサイコパスとも呼べるキャラクターが登場する(一般的なヤンデレではない)
本作のヤンデレキャラは同シリーズの10巻に相当する有限と微小のパン、および四季シリーズにも登場し補完される形となっている。
作者が工学博士であり、建築、数学、電気、情報工学ネタが多い。


四季

タイトル四季
作者森 博嗣
出版社講談社
種類ヤンデレ・サイコパス
あらすじ
天才科学者・真賀田四季(まがたしき)。彼女は5歳になるまでに語学を、6歳には数学と物理をマスタ、一流のエンジニアになった。すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考するその能力に人々は魅了される。あらゆる概念にとらわれぬ知性が遭遇した殺人事件は、彼女にどんな影響を与えたのか。

概要
同作者の「すべてがFになる」を先に読むことを推奨。および「有限と微小のパン」を読了済みだと時系列がわかりやすい。
上記作品のキャラクター「真賀田四季」に焦点を当てたシリーズで全4作で完結となっている。
春が1巻に相当し、夏、秋、冬と続く。


リカ


タイトルリカ
作者五十嵐 貴久
出版社幻冬舎
種類ヤンデレ・サイコパス
あらすじ
妻子を愛する42歳の平凡な会社員、本間は、出来心で始めた「出会い系」で「リカ」と名乗る女性と知り合う。
しかし彼女は、恐るべき“怪物”だった。
長い黒髪を振り乱し、常軌を逸した手段でストーキングをするリカ。
その狂気に追いつめられた本間は、意を決し怪物と対決する。

概要
幻冬舎、新潮社、テレビ朝日の3社が主催している第2回ホラーサスペンス大賞受賞作。
ホラーサスペンスであり、恋愛ものではない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

商品リンク



管理人/副管理人のみ編集できます